HOME

注目! roon ready
roonってなに? 高音質プラットフォーム
DEQX軽井沢試聴室 Photo 音楽と珈琲で一時を!

疑問/質問、大歓迎
メールでお寄せ下さい

contact@kurizz-labo.com

ページトップへ
新製品:6ch アッテネーター “KL-AT-6D”
〜 6ch Pure Passive Attenuator for Digital 〜
★ 近 日 発 売 ★

■ デジタルオーディオシステムを完結する純粋抵抗素子ATT(アッテネーター)

■ 3Wayマルチアンプシステムまで対応する6チャンネルの精密連動型ATT

■ 設計:Kurizz-Labo / 製造:HATTOR AUDIO(Poland)

< クリズラボの新製品 “KL-AT-6D” と専用リモコン >


< モノラル×6 / ステレオ×3 / 3Wayマルチアンプ(L/R)/ 5.1chサラウンドまで対応可能 >





「アッテネータの導入で圧倒的な静寂から浮かび上がるクリアな音像が実現しました。」

User's Report No.111 GM氏が試作ATTを使用したシステムでの感想です。

■ アッテネーターをデジタルシステムに入れると・・・

DAC(デジタル / アナログ変換)を理想的に動作させ、最高のクォリティーを引き出します。

・ チャンネルデバイダー等に多い 残留ノイズを大幅に低減し、圧倒的な静寂感を実現します。


■ DACとアッテネーター

・ デジタル信号の本質的な弱点は、低レベルでの雑音と大信号時のクリップです。

・ デジタル機器のメリットを最大限に生かすにはデジタル信号のレベル管理が大切です。

・ 最近のデジタル機器はデジタル信号を絞ることでDACの出力を低下させ音量を調整します。

・ DEQXもHDP-3以降はデジタル式の音量調整になりました。(PDC-2.6Pはアナログ式)

・ 32ビットのDACを採用して低レベルの音質は改善はされましたが、本質は変わりません。

・ 外部に独立型のDACを使用しても入力のデジタル信号を絞れば結果は同じです。

・ デジタル信号をそのまま最終段のDACに入れて音量はアッテネーターで絞るのが理想です。


■ ノイズとアッテネーター

・ 次に、チャンネルデバイダー等に見られるアナログラインアンプの残留ノイズの問題です。

・ 残留ノイズはプリアンプなどのボリュームを絞りきっても出ている 「シャーノイズ」 のことです。

・ デジタル信号でのレベルアップ機能があるとその後のラインアンプに大きな余裕が求められます。

・ このためチャンネルデバイダーなどはどうしても他の機器より残留ノイズが大きくなりますます。

・ DEQXを含め、デジタル信号でレベルを上げることが想定される機器の宿命でもあります。

・ ハイゲインのパワーアンプと高能率なユニットの組合せでは特に問題となる場合があります。

・ デジタル機器の最終出力をアッテネーターで絞ればその分確実に残留ノイズが低減されます。


< アナログ式アッテネーターによる残留ノイズの低減効果(デジタルVRはフルに設定する)>


■ アッテネーターの新規開発

・ アッテネーターの実現手段は様々ですが、新たな問題が生じる方式は避けるべきです。

・ クリズラボは音質への影響が最も少ない抵抗だけのパッシブ型アッテネーターを開発しました。

< 開発目標 >

1.6ch対応、1dBステップ、60dB以上の減衰量を確保、リモコン可能

2.多くのオーディオ機器で利用出来る入出力インピーダンスを確保

3.上記を満たした上で、出力インピーダンスの変動を可能な限り小さくする
※ HATTOR社も含め、DACなどで使われている 「R-2R」 方式はインピーダンス変動が大きい

4.マルチアンプ方式で最も重要なチャンネル間のレベル差を極力小さくする

5.切替リレーの数を極限まで減らし、長期の使用に耐える安定性を確保する

6.アナログ式リニアー電源の採用など、自身のノイズを極限まで低下させる

7.設置や接続の判りやすさと限りなくシンプルな操作性を実現する

・ 上記の 「2」 と 「3」を実現する回路を新たに考案するなど、完成までに足かけ3年。

・ 設計はKurizz-Laboで、製造はポーランドの高級オーディオメーカーに依頼しました。

・ 3Wayマルチから5.1chサラウンドまで可能なデジタルオーディオ時代の必須アイテムです。


■ KL-AT-6Dの使い方

・ 使い方は簡単! パワーアンプの前に入れるだけで理想的なデジタルシステムが完成。

・ デジタル系のボリュームは最終段のDACまで絞らない(Full)状態にします。

・ 接続ケーブル(XLR)は、DEQXからATTまでが10m、アンプまでは5m以内を推奨。

・ 具体的な接続例をご紹介します。

1.DEQXの出力に導入する場合


< DEQXを利用したマルチアンプシステムにKL-AT-6Dを入れる場合 >

・ DEQXの出力端子はスピーカーのドライブ方法で用途(帯域別)が変化します。

・ 3Wayマルチアンプ方式では、L1/R1が低音、L2/R2が中音、L3/R3が高音用になります。

・ 2Wayマルチでは、L2/R2が低音、L3/R3が高音用になります。(L1/R1はサブウーファー)

・ 1Wayのシングルアンプ方式では、L2/R2がフルレンジ対応の出力となります。

・ このため、DEQXの出力をKL-AT-6Dまでは 1:1 で接続しておくことをお勧めします。

・ 後はパワーアンプに接続していたケーブルをKL-AT-6Dの出力に移動すればOKです。

・ KL-AT-6Dの出力に変換器を入れるとRCA入力のパワーアンプにも接続出来ます。
※ 市販の XLR → RCA変換コネクター(2番ホット)をご利用下さい


2.外部DACの出力に導入する場合


< DEQXのデジタル出力+外部DACでKL-AT-6Dを使う場合 >

・ 図は3Wayマルチアンプシステムを想定しています。

・ 2Wayやフルレンジの場合はDEQXのアナログ出力と同様に接続端子を選んで下さい。

・ ただし、KL-AT-6Dの各チャンネルは完全に独立しているので使い方に制約はありません。

・ この他にも、CDプレーヤーとパワーアンプの間に使えば超シンプルなシステムが完成します。


■ KL-AT-6Dの概要

< フロントパネル >


< リアパネル >


< リモコン >



■ KL-AT-6Dの仕様

< 本体 >
レベルコントロール範囲 : 0〜62dB〜∞ / 1dBステップ(ミュート有り)
入力インピーダンス : 2.4kΩ以上 / 全ステップ(600Ω以下のアンプ出力に適合)
出力インピーダンス : 1.2kΩ以下 / 全ステップ(10kΩ以上のアンプ入力に適合)
周波数特性 : DC〜100kHz(±0dB)/ DC〜500kHz(-0.5dB)
S/N :(測定限界以下)
6chの連動誤差( : 0〜31dB ±0.0dB / 32〜62dB ±0.1dB以内
消費電力 - 動作時 : 10W
消費電力 - スタンバイ時 : 7W以下
外形寸法 : W370×H90×D290(ツマミ:φ50×D42を含む)
重量 : 5kg(本体)
備考-1(LED輝度) : 表示LEDの輝度を5段階(+OFF)に調整可能
備考-2(電源制御) : HDP-5 / PreMATE+からのDC12V電源制御が可能
付属品 : 電源ケーブル×1
※ 連動誤差はマルチアンプの帯域バランスに影響する極めて重要な性能です

< リモコン >
操作ボタン(5ボタン) : Vol+ / Vol- / MUTE / DISPLAY / STBY
外形寸法 : W31×H150×D20
重量 : 150g
電池 : CR2032(3V) 2個


製品・価格表

----------------------------------------------------------------------------------



注目! 初・KL-AT-6Dの試聴レポート
< ATTの試聴が行われたシステム > < ATTを入れたシステムの系統図 >

■ クリズラボ製アッテネーターを試聴して

・ 試聴に先立つ一月ほど前からS社の8chアクティブ型ボリュームコントローラーをシステムに組み込んでいました。

・ 外部DACの出力に入れてDEQXのデジタルボリュームを全開にすると音のフレッシュ感が実感できました。

・ また、ボリュームを絞って聴取レベルをかなり下げても細部のニュアンスが失われず、聴き疲れしないオーディオライフができると確信できました。

・ クリズラボ製のアッテネーターが届いた日、今までのボリュームとは逆のパワーアンプ側に設置してATTからパワーアンプまでを1.5mのXLR平衡ケーブルで接続しました。

・ アクティブ型の場合はパワーアンプから離れたDEQX側に配置できますが、試聴機はパッシブタイプなのでパワーアンプ側に配置したくなるという精神的な違いが理由です。

・ セッティングを終え、クリズラボ製のアッテネーターから出た音でまず感じたのはオーディオ的な主張を持つサウンドではなく、アッテネーターの全レンジにおいて極めて自然てスムースなレベル調整が可能ということでした。

・ 外付けDACの利用者に限らずDEQXユーザーはこのATT導入に非常に大きな意味があると思いました。

・ DACがフルで働くことによる音質の向上は全体のイメージを変えることもあり、DEQXの再調整を行なうことで更に好結果が得られるのではと感じました。

・ クリズラボ製のアッテネーターは減衰量の表示の視認性が抜群で、大きな安心感を醸し出しています。

・ また、巨大なATTノブの回転フィーリングも抜群で全段1dBステップの音量変化も極めて自然です。

・ 今回の試聴を通じて正式に発売されたらぜひ導入したいと思います。

照井 和彦

※ KL-AT-6Dは抵抗素子のみで構成した純粋なパッシブ型アッテネーターです。
  このためアクティブ型より接続ケーブルの影響を受けやすいことは事実です。
  この問題の解決に向けて新たな設計を行い大幅に改善することが出来ました。
  例えばDEQXや外部DACからATTまでXLRケーブルで10m以内、パワーアンプ
  までを5m以内で接続すれば DC〜100KHzまで -0.5dB以内となり、事実上の
  「ロス無し、100%伝送」が可能です。          (クリズラボ)




Copyright© 2006- Kurizz-Labo. All rights reserved.